小谷純一氏(2004年10月1日死去)による愛農運動の原典

■202110

 全国愛農会をつくった小谷純一氏(2004年10月1日死去)による愛農運動の原典の改訂増補版。1978年に出版された。
 17歳の時から「人間はどう生きるべきか」「どのようにしたら自分の村を改善し理想の農村を建設することができるか」を探究し、「日本の農村を愛と協同の理想農村とすることが神から与えられた私の使命」と思い定め、敗戦直後に和歌山県で若手農家とともに愛農会をはじめる。
 従来の農村運動は農民でない者が農村に働きかけてきた。愛農救国運動は、心から農を愛し、村を愛し、国を愛する農民自身の手によって理想農村を建設しようという運動だという。
 1.7ヘクタールの田畑を耕し、毎月1万部の「愛農新聞」と「正会員だより」を一人で発行し、日々数十通にのぼる会員からの手紙に返事を書いた。搾油事業を中心とする愛農農産加工農業協同組合も経営した。
 戦後1960年までは、政府と国民が一体になって食料増産に励み農業立国を目指した。この間に愛農会も急拡大した。だがその後、全国に生まれた食料増産技術研究団体は壊滅した。
 愛農会だけが農業者の唯一の自主組織として生き残った。
 愛農会は、神を愛し・隣人を愛し・土を愛する三愛精神に目覚めた「人づくり」による「村づくり」、愛と協同の人類社会建設を目標にしていた。
 組織よりはまずは「人」だった。
 何のために生き、何のために死ぬべきか、真の幸福とは何か、理想社会とはいかなる社会であるか、という確固たる人生観をもった愛農救国の同志をつくることに注力した。
 国や村を改革する前に自分自身をよい人間に改革しなければならない。
 人間はほかの動物と異なり死を自覚することができる。次の瞬間にも「死」によって否定されるかもしれない「生」を自覚したとき、一瞬一瞬の「生」の意味を知ることができる。「死」によって滅び去らない霊的生命を命がけで求めなければならない、という。
 自ら幸福でない者は、人を幸福にすることができない。人を幸福にしてくれるものは愛である。愛は、一切の労苦、死でさえも幸福に変えてしまう魔力をもっている。
 人生の目的が「愛の実践」であると自覚しつつも、自分には人を真に愛する能力がないことを自覚したとき、神や仏にすがることを知る。人生における最大の事業は「神を発見すること」という。
 「エゴ」を捨てきり「神の子」の本性に立ち返ったとき、「私」の肉体は神の使命を果たすために神から与えられた大切な預かりものとなる。小谷は自らを「神の子」=キリストと信じて使命のために生きてきた。
 神の子の自覚をもつ同志を1つの町村に1人ずつつくる。そんな同志が、農業技術の腕前をみがき「やって見せる」。それによって農民の信頼を得て組織化する方向性を示した。「組織化をなしとげないかぎり、日本農民は永遠に救われない」と考えた。

 農家生活を豊かにする具体策もあげている。
 畜産のような副業を導入し、養鶏で肥料になる鶏糞を生み出す。
 日本の農業の基本は自給自足であり、農家所得の大部分は現金よりも現物だ。農業経営の目的は、豊かな農家生活を営むことであり、そのためには食生活を豊かにする必要があると考えた。有機農家の食卓の豊かさはそんなも考えからきている。(大内さんの食卓〓)
 娘を3人嫁にやれば家がつぶれると言われる豪奢な冠婚葬祭を簡素化する。それも「やってみせる」ことを提起した。
 日本の政治が農業立国から工業中心の貿易立国に大転換し、9割以上が専業農家だったのが、9割以上が兼業農家になっていく。新卒者の農業就業人口は40万人もあったのが、1990年は1800人になった。
 そんな農業が衰退する時代においても、愛農学園における「人づくり」に力を注いだ。愛農高校生には「少なくも毎日2時間以上読書する農業者たれ」と叫びつづけてきた。愛農運動の「人づくり」とは、自己中心の我利我欲のかたまりである人間を、愛と奉仕に生きる捧の精神に満ちあふれた人間に改革することだった。

 また、「人づくり」による「村づくり」運動は、農業者の主体性確立運動でもある。自分の地域の農業と農村をどうするか? という重要な問題を他人まかせにしないで、自分の問題として真剣に考える新しい農業者を育ててきた。
 発心・決心・継続心の3つのうち、決心まではできるが継続は難しい。)
「永続的に推進していく原動力となるのは仏教徒であるとキリスト教徒であるとを問わず、深い信仰に生かされている人であるのは当然であります」

■1978年増補 愛農運動30年の歩みと未来展望
▽145 愛農運動第1期は池田内閣成立(昭和35年)まで。
 日本全国に雨後の竹の子のように、集落単位、町村単位、府県単位や全国的な食料増産技術研究の農業者の自主組織が生まれた。おそらく数万に達したのではないか。会員数数万、十数万という食料増産研究団体が10指を数えるほどもあった。
 それらが十数年もしないうちにほとんど解体してしまったのはなぜか。なぜ愛農会だけ生き残ったのか。
 愛農会がほかと決定的に相違していた一点は、常に「人づくり」による「村づくり」という最高目標を明確にかかげていたこと。私たちの研究は、愛と協同の理想農村建設という愛農運動の最終目的達成のため仲間づくりをするための手段に過ぎなかった。
 「村づくり」を継承してくれる後継者づくりに私たちは全力投球してきた。
▽147 第2期は、国内自給率が85パーセントとなった昭和35年から高度経済成長の夢が破れ長期不況に突入した昭和47,8年から50年にいたる15年間。
 日本の政治が農業立国から工業中心の貿易立国に大転換した時代。
 そのために国内農業も大企業経営にきりかえ、労働生産性の高い農業にするため、化学肥料、農薬、機械による農業の工業化が推進された。120万戸自立経営農家の育成と農工間の所得格差解消を2つの柱とする農業基本法農政が実施された。選択的規模拡大による企業的単作大規模経営を奨励。
 国際分業論。
 この第2期、総力をあげて愛農学園における「人づくり」をやって来た。愛農教育の目標は、神を愛し・隣人を愛し・土を愛する三愛精神がみちあふれた「人づくり」。「農業者である前に人間であれ!」をスローガンに、神を愛し、隣人を愛する「愛の実践」の人生観を確立するために、私は毎朝清書講じた。
 愛農学園農業高等学校も創設。
▽153 第2期を通じて、9割以上が専業農家だったのが、9割以上が兼業農家に。
▽155 第3期は昭和50年から30年間。
 本気で国民食料の自給をやろうとすれば、農業基本法を廃止して、食料基本法を制定すべき。
▽161 第1期において新卒者の農業就業人口は40万人もあった。昭和50年には男女1万人まで現象、1990年は1800人になった。
 ……せめて愛農学園農業高校だけでも、中学校で学力中以上の者でなければ入学させないとがんばってきたが……
▽170 人生の正しい目標とは? 「愛の実践」「自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ」
▽175 「人づくり」による「村づくり」運動とは、農業者の主体性確立運動
 自分の地域の農業と農村をどうするか?という決定的に重要な問題を他人まかせにしないで、自分の問題として真剣に考える新しい農業者を教育する。
 昭和50年に「愛農シンクタンク」を結成。
 ……愛農高校生に、少なくも毎日2時間以上読書する農業者たれ、と叫びつづけてきた。
▽182 茨城県の新利根協同農場の「部落づくり」を見学。上野先生は「日本の農村改革は部落づくりからはじめるしかない。部落づくりができないかぎり、村づくりも、地域社会づくりも空理空論である」
 愛農運動の使命は農業を守ると友に農村を守ること。農村を守らないで農業を守り抜くことはできません。農村を守らないで都市は守れません。
▽186 「人づくり」による「村づくり」 全生涯を理想農村建設に捧げようと決意した一人の愛農青年が生まれることがスタート。
 発心・決心・継続心。決心まではだれでもできる。問題は継続心。持続させる原動力は信仰の力であります(大内さんの場合は〓)
 「志」をもった「仲間づくり」に全力投球する。一生かかって10人の「仲間づくり」をする決意をし、忍耐強く努力をつづける。
……発心、決心までは人間の力でできますが、決心を全生涯持続することは信仰なしには不可能であります。永続的に推進していく原動力となるのは仏教徒であるとキリスト教徒であるとを問わず、深い信仰に生かされている人であるのは当然であります。
 愛農運動の「人づくり」は、自己中心の我利我欲のかたまりである人間を、愛と奉仕に生きる捧の精神に満ちあふれた人間に改革すること。
▽191 優秀な生徒をひとりずつ愛農高校に送り出すこと、高校・大学を卒業して農業をはじめようとしている青年男女をひとりずつ愛農大学講座に送り出すことが、もっとも具体的な「仲間づくり」の実践活動である

コメント

タイトルとURLをコピーしました